保険の種類で選ぶ
生命保険の相談
医療保険の相談
女性保険の相談
がん保険の相談
シニア保険の相談
学資保険の相談
個人年金保険の相談
おすすめプラン
働く女性の保険の選び方
独身の方
専業主婦の保険選び
万が一の時に家族を守る保険
これからの老後に備える保険

女性なら医療保険より女性保険がいいの?

女性保険は、子宮筋腫や乳がんなど女性に特有な病気に対して 手厚い保障を受けることができる保険です。

一昔前までは、「医療保障は夫の特約で...」という考え方も少なくありませんでしたが、最近では女性特有の病気である乳ガンや子宮ガンなどに対して手厚い保障がある女性専用の保険商品も出てきています。


女性保険は女性疾病にかかったときに、
通常の医療保険に比べて手厚い保障が受けられます。

通常の医療保険であってもきちんと給付金を受け取ることは出来ますが、疾病が女性特有のものであるかどうかということは考慮されていません。女性向けの医療保険のメリットととして、女性疾患に対しては、普通の入院給付金や手術給付金にさらに上乗せして保障をしてもらえるという点があります。

たとえば、女性特有のがんであるという診断が下された場合、通常の医療保険よりも入院や手術の給付金が多く支払われます。

女性保険は、医療保険と同様に、5年ごと10年ごとというように定期的に更新が発生する定期更新型と、一生涯の医療保障を受けることが出来る終身型の二つがあります。

サポート体制が充実しているなど女性のライフスタイルに合わせたサービス設計となっていることが多い点も魅力的です。

デメリットととしては、女性疾病に対する保障内容を手厚くするために、通常の医療保険に比べると保険料がそのぶん高くなるということがあります。

一方、通常の医療保険に女性疾病特約を上乗せすることで女性特有の病気の保障を手厚くするという方法もあります。手厚い保障がある分、女性保険は一般的な保険料と比べると支払う保険料が割高になりがちですが、最近は通常の医療保険に女性特約をつけた割安なものも出ているので、自分のライフスタイルにあわせて選ぶのがコツです。


子宮筋腫や子宮内膜症、
女性特有の病気は少なくない!

子宮筋腫や子宮内膜症、乳がん、子宮頸がん、子宮体がんなど女性特有の病気は、決して少なくありません。早期発見で完治するものも多いですが、もし自分が病気になってしまった時に入院費、手術費が保障されていればお金のことは気にせず、安心して治療に専念することができます。

保険商品ごとに保障の範囲が異なりますので、自分に必要な保障は何かを十分に検討したうえで女性保険を選びましょう。


独身だけど、加入した方がいい?

死亡後の家族の生活保障などがメインの生命保険とは異なり、医療保険は主に契約者の生活を維持するためにサービスが設計されています。そのため、独身であっても入院や手術時の生活費などに不安がある方は加入を考えてみるのも良いかもしれません。


出産に関する手術でも保険金の給付を受けられる?

出産には、流産・異常分娩・帝王切開など、いくつかのリスクがあります。商品によっては、出産に関する手術給付金を保障しているものもあるので、出産を考えている方は検討してもよいでしょう。

たとえば、帝王切開などは入院日数も長くなりがちで入院費用もそれなりにかかりますから、保障については考えておいてもよいかもしれません。


女性保険に関するお悩み・ご相談
・女性保険の一括比較をしたい
・ボーナス(生存給付金)が出る積立保険に加入したい
・掛け金をいくらにするのが適切か?
・一時払いにするとどれだけお得になるのか?
・月々の支払が家計を圧迫しないように月額保険料を抑えたい
・人気の女性保険を教えて欲しい
・かしこい女性保険の選び方を教えて欲しい


Copyright © Robust Design All rights reserved.