保険の種類で選ぶ
生命保険の相談
医療保険の相談
女性保険の相談
がん保険の相談
シニア保険の相談
学資保険の相談
個人年金保険の相談
おすすめプラン
働く女性の保険の選び方
独身の方
専業主婦の保険選び
万が一の時に家族を守る保険
これからの老後に備える保険

計画的にお子さまの教育資金を準備できる学資保険

学資保険(子供保険)は、子どもの将来の教育資金を
計画的に積み立てるための貯蓄重視の保険です。

教育費の準備は、学資保険に加入しなくても銀行預金などでもできますが、
ここでは学資保険に加入するメリットをご紹介していきたいと思います。


満期時に一括で学資金を受け取れるもの、
満期時の他にも小・中学校、高校、大学の入学の
タイミングで進学資金を受け取れるものがあります。

学資保険は、ご契約者が亡くなられたり、不慮の事故などで所定の身体障害や高度障害を負われた時は、以後の保険料の払い込みは免除となります(一時払を除く)。このようなケースでも学資金額は100%受け取れるため、確実にまとまった教育資金を準備できます。

また、掛け捨てタイプの保険ではないので、満期保険金を受取ることができます。プランによっては、進学時の祝い金なども受け取ることができますので、お金が何かと必要な時期にまとまったお金を用意するのに適しています。

学資保険は、貯蓄重視の保険のため、基本的には子どもの病気やケガに大しては医療保障がなく、また、万一の際の死亡保障や育英年金もありません。子どものケガや病気に対する備えをしておいたいという要望に対しては保障型の学資保険もあり、子どもの病気やケガの際には一定の給付金が下りるという特長に視点を置いて選ぶ利用者もいます。

ただし、こういった医療保障や死亡保障まで付けることができるのは魅力的ではありますが、保険料が高くなってしまいますので、貯蓄のための積立を最優先に置きたい方は、やはり保障は最小限に抑えた貯蓄型の学資保険をお選びになるのがよいでしょう。

保障型の学資保険は、付加する特約により通常より保険料が高くなりますし、受け取る保険料が支払った保険料を下回るものもあります。また、契約者(親)が加入している生命保険と保障内容が重複してしまうと、必要以上に保険料の支払いをすることになりますので、加入前にチェックが必要です。


満期保険金とは…
満期学資金というのは満期まで払い終えた保険料、または保険期間満了までのある一定の年齢のときまでに払い込んだ保険料、もしくはそれにいくらかプラスしたまとまった給付金のことです。

学資保険の一括払いってお得?

学資保険も他の保険と同様に、一括払い(契約期間の保険料を契約時に一括で払い込むこと)を利用することで、保険料を安く抑えることが出来ます。

しかし、学資保険は親の死によって保険料が免除となり満期金が支払われますので、一括払いだと保険料が安くなる代わりにこのメリットを享受できないということも頭に入れておきたいところです。

なお、学資保険は非常に長い期間の積立となることも多く、仮に0歳から加入すれば18歳まで保険料の払込みを行うことになるので、月々の保険料は5000円~数万円になる場合が多くなります。


学資保険の特徴は?

学資保険は貯蓄性を重視した保険です。返戻率は100%以上のものが多く、銀行に預けるより高い利率で運用することができます。(ただし、預金ではないので元本保証などはされません)

また、最近では満期時だけでなく、中学校入学、高校入学時に祝い金を給付金として支払ってもらえるというタイプの学資保険なども出てきています。

学資保険には、上記の教育準備金として利用される貯蓄型以外にも、医療保障・死亡保障・育英年金等の保障が受けられる保障型もあります。もちろん、何も起こらなかった場合は元本割れすることもありますが、手厚い保障を受けることができるというメリットがあります。


学資保険には祖父母も加入できる

学資保険には祖父母が加入できるプランも用意されています。この場合、受取人は祖父母ではなく孫の両親となっていることが多くなっています。

学資保険を孫のために積み立てたいとお考えの祖父母向けのプランです。ただし、契約者の年齢も65歳までといったように、制限が儲けられていることもあるので加入時には注意が必要です。また、一定額を超えると贈与税がかかりますので、加入前に金額の検討をすることも大切です。


学資保険に加入するデメリットを教えて

貯蓄性が高いというメリットが目立つ学資保険ですが、デメリットについてもきちんと把握して加入を検討したいところです。

デメリットととしていくつか挙げてみると、積立になるので長期間資金が固定化し用途を柔軟に変えるのが難しい、特約などのつけかたや加入時期、途中解約などによっては元本割れのリスクがある、契約期間中に急激な物価上昇が起きると相対的に資産価値が低下するというインフレリスクがある、といった点が主要なものとなります。

学資保険は、保障も受けられて貯蓄もできる万能金融商品という見方ではなく、資金の固定化や元本割れリスク、インフレリスクなどきちんとデメリットまで考慮に入れた上で、子どもの将来のために本当に必要な保険かどうかを判断されるとよいのではないでしょうか。


二人目以降の加入はお得になることも

学資保険にすでに加入しているご夫婦が、二人目を授かったとき、二人目のための学資保険を検討されることになると思いますが、会社や商品によっては二人目以降の加入時に保険料が割引になるものがあります。

保険商品は、基本的に「まとめて入るとお得」という特徴がありますので、契約金額が大きくなればそれだけ優遇してもらえることが多いのです。学資保険の場合、「兄弟割引」というサービスがあればすでに兄弟姉妹が加入している場合に、新規加入時に割引メリットを享受することが可能です。


学資保険は外貨で積み立てることもできる

学資保険は、終身保険養老保険などと同様に外貨で積立をすることも可能です。以下では、そのメリット・デメリットを見ていくことにしましょう

学資保険を外貨で積み立てるメリット

学資保険を外貨で積み立てる(ドル建など)場合、低金利の円建てより高い利率で契約することができます。一時払いを利用すればさらに、払込総額も少なくなります。

また、資産を分散させることができるため、外貨建てで運用することによってリスク分散にもなります。ある程度、余裕資金として学資保険を考えている方にとっては、検討する価値があるかと思います。


学資保険を外貨で積み立てるデメリット

学資保険を外貨で積み立てるデメリットは、一言で言えば元本割れリスクが高くなるということです。金利が高いのは嬉しいですが、外貨の価値が変動することで生じる為替リスクも避けては通れません。

学資保険が満期を迎えて満期保険金を受け取るときに、円高が進んでいると、その変動幅によっては元本割れを起こしてしまうこともあります。せっかく「子どものために」と積み立てていた学資保険が元本割れを起こしては元も子もありませんので、安全性を求める方は円建てでの運用に絞って外貨建てには加入しないほうがよいでしょう。


結局、学資保険を外貨で積み立てるのは?

以上の話を総合すると、資金に余裕があり、多少のリスクをとってもよいと考えている方や資産のリスク分散を考えている方は外貨建ても選択肢の一つとしておすすめできますが、安定した運用と満期金をお考えの方は円建てで加入されるのがよいと言えます。

学資保険も金融商品の一つですので、運用のパフォーマンスやリスクなども考慮に入れて、それぞれの将来設計や価値観に適したものを選び取ることが重要といえるでしょう。


学資保険のお見積りなら

学資保険のことでお悩みなら、まずはお気軽に電話での無料相談をご利用下さい。インターネットからの来店予約も可能です。フィナンシャルプランナーが、お客様に最適な学資保険をご紹介しております。


学資保険に関するお悩み・ご相談
・一番戻り率がいい学資保険は?
・学資保険の一括比較をしたい
・貯蓄型と保障型のプランの比較がしたい
・定期預金で運用するのとどちらがいいのか?
・ドル建て・外貨建ての学資保険のシミュレーションが欲しい
・まだ生まれる前だが、学資保険に加入しておきたい
・2人目が生まれたが、学資保険に加入したほうがいいのか?
・学資保険の掛け金はいくらにするのが適切か?
・学資保険の加入期間はいつまでにすればいいか?
・元本割れしない学資保険を選びたい
・学資保険を一時払いにするとどれだけお得になるのか?
・学資保険のメリットとデメリットを教えて欲しい
・シングルマザー(母子家庭)におすすめな学資保険が知りたい
・孫のために学資保険に加入したい
・月々の支払が家計を圧迫しないように月額保険料を慎重に検討したい
・人気の学資保険を教えて欲しい
・学資保険の選び方を分かりやすく教えて欲しい

Copyright © Robust Design All rights reserved.