保険の種類で選ぶ
生命保険の相談
医療保険の相談
女性保険の相談
がん保険の相談
シニア保険の相談
学資保険の相談
個人年金保険の相談
おすすめプラン
働く女性の保険の選び方
独身の方
専業主婦の保険選び
万が一の時に家族を守る保険
これからの老後に備える保険

健康に多少不安がある年配の方でも入りやすいシニア保険

シニア保険は通常の保険より加入条件が緩和されています。

シニア保険とは、50歳前後の中高年の方が加入しやすいよう条件が緩和された保険商品です。
シニア保険には、死亡保障型と入院保障型(医療保障型)の二つがあります。死亡保障型の場合、保険料の払い込みは終身である(生涯続く)ことが多いため、入った時期によっては受け取る死亡保険金よりも、払い込んだ保険料の総額が多くなってしまうということも起こりえます。保障対象外の病気もあるため、本当に自分にとって必要な保険かどうかを慎重に検討した上で加入する必要があります。


医療保険
医療保険は、病気やケガで入院したり、手術などを受けた時に給付金を受け取ることのできる保険です。定期更新型だと更新の度に保険料が高くなるため、最近は終身保険型の一生涯の医療保障を定額でできるという特長に人気が高まってきています。通常、年齢や持病などで加入制限があるため、中高年の方の新規加入は敷居が高いものとなっていましたが、加入条件が緩和されたシニア保険も登場してきています。
介護保険
公的なものと民間のものとがありますが、要介護状態と介護認定された際に、公的介護保険では現物支給、民間の介護保険では保険金の給付を受けることができます。また、公的介護保険では、要介護度によりサービス内容や利用限度月額が異なり、利用費用のうち1割が自己負担となります。配食サービス・訪問理美容サービスなどの公的介護保険対象外のサービスは全額が自己負担となります。年々、必要性が高まってきている保険の一つです。


シニア保険の死亡保障の金額は?

シニア保険の死亡保険金は、30代・40代で加入する生命保険よりも金額は一桁少ないというイメージです。なぜ上記のように壮年世代が加入する生命保険とシニア保険とで保険金にそれほどまで違いが生じるのでしょう。

壮年世代が加入する生命保険は、世帯主や働き手に万一のことがあった際、遺された家族の生活費を保障することをイメージして保険金が計算されている一方で、シニア保険の場合はそういった遺族の生活費というよりも、むしろ死亡後のお葬式代などをイメージして金額が設定されることが多いからです。

現在、シニア保険にご加入の方で保険金額が数千万円にのぼるという方は、一度プランの見直しをされてみると良いかも知れません。


シニア保険に関するお悩み・ご相談
・シニア保険の一括比較をしたい
・シニア保険のシミュレーションが欲しい
・シニア保険の掛け金はいくらにするのが適切?
・終身でシニア保険に加入する場合、一時払いにするとどれだけお得になるのか?
・シニア保険のメリットとデメリットを教えて欲しい
・月々の支払が家計を圧迫しないように月額の保険料を慎重に検討したい
・人気のシニア保険を教えて欲しい
・シニア保険の選び方を分かりやすく教えて欲しい

Copyright © Robust Design All rights reserved.