保険の種類で選ぶ
生命保険の相談
医療保険の相談
女性保険の相談
がん保険の相談
シニア保険の相談
学資保険の相談
個人年金保険の相談
おすすめプラン
働く女性の保険の選び方
独身の方
専業主婦の保険選び
万が一の時に家族を守る保険
これからの老後に備える保険

再発や重症化など、安心して「がん」と闘うための保険です。

がんによる入院や手術に備えられるのが、がん保険。

がん保険は、がんになったときに闘病生活を経済的に支えてくれる保険です。がんと診断された際に診断給付金を受けることができる、がんによる入院の際に支払限度日数に制限がなく入院給付金を受け取ることができる、などがんになった場合の保障に特化しているのが特徴です。


がん保険はがんになったときに、
がんと闘うための闘病費用となる保険。

通常の生命保険は、被保険者が死亡したときに保険金が支払われますが、がん保険はがんになったときに、診断一時金や入院給付金など闘病に必要なお金が支払われる保険です。最近では、定期的な検診を促進する健康お祝い金がでたり、何度でも診断給付金を受け取ることができるなど、色々なサービスを付加した保険が販売されています。がんに特化している保険であるため、医療保険よりも保険料が安い場合が多いようです。


がんは再発や重症化などで入退院を繰り返すことが
多い病気というのを忘れてはいけません。

がんになったときに、入院や手術にかかった費用は、通常の医療保険でも保障されます。
しかし、がんは再発や重症化などで入退院を繰り返すことが多い病気です。入院が長期にわたり、さらに公的な健康保険が適用されない先進的医療による治療を選択するケースや、健康保険適用外の治療、差額ベッド代、休職中の生活費など多額の自己負担が必要です。そのような状況に対して、入院や手術の治療費用の保障など手厚い保障を用意したものががん保険です。

闘病生活のなかでお金に関する心配や不安を少しでも取り除くことができるため、治療に専念することができるようになります。


Copyright © Robust Design All rights reserved.