保険の種類で選ぶ
生命保険の相談
医療保険の相談
女性保険の相談
がん保険の相談
シニア保険の相談
学資保険の相談
個人年金保険の相談
おすすめプラン
働く女性の保険の選び方
独身の方
専業主婦の保険選び
万が一の時に家族を守る保険
これからの老後に備える保険

働いている女性を応援する保険の選び方

主婦のための保険のアドバイザー

女性の社会進出が増え、経済的な面を含め
自立している女性にとって保険は重要です。

最近では女性の社会進出は珍しいことではなくなってきました。働く女性の保険加入へのニーズが高まっていると考えられます。

働いている女性

独身の間は、自分が死亡した時にかかる費用くらいは遺族に負担させないようにしておくという程度のものにし、 ご自身の病気・ケガの治療のために医療保険を検討してみるというのが良いのではないでしょうか。

独身女性の場合、万が一の場合に遺される家庭はありませんので、死亡保障よりも生存保障、
すなわち女性保険を充実させておくほうが良いかも知れません。

しかし、両親などを扶養しているような場合は、自分が死亡した場合に扶養家族が
経済的リスクを負う場合がありますので、必要に応じて死亡保険の検討をしておきましょう。


結婚している場合

奥様の収入が、生活費やローン支払いなどの中でどのようなウェイトを占めているかが重要となります。
奥様の収入が生活費などにあてられていない場合は問題ありませんが、もし生活費やローン支払いにあてられている場合、 万一の時に遺された家族は経済的に困ることになります。またこのことは、奥様がケガや病気で入院された場合にも同様なので、医療に関する保険もしっかり検討しましょう。


20~40代というのは、乳がんや子宮がんなどに 罹患することが多くなってくる年齢

10~20代前半ぐらいの方だとあまり関心が無いかもしれませんが、乳がんや子宮がんなどの女性特有の病気は、20~40代というまさに働き盛りの年齢において罹患する割合が高くなります。 参考データ:独立行政法人国立がん研究センター「年齢階級別がん罹患 部位内訳(PDF資料)」
http://ganjoho.jp/data/public/statistics/backnumber/2010/files/fig05.pdf

親族に女性疾患にかかった事がある方がいる場合(家族歴がある場合)は、定期健診などで病気の早期発見に努めることはもちろん、リスクに備えて女性特約のある医療保険や女性保険への加入を検討しても良いかもしれません。

保険商品ごとに保障の範囲が様々なので、自分にはどの保障が必要なのかを色んな側面から検討したうえで保険を選びましょう。

女性保険について

Copyright © Robust Design All rights reserved.