保険の種類で選ぶ
生命保険の相談
医療保険の相談
女性保険の相談
がん保険の相談
シニア保険の相談
学資保険の相談
個人年金保険の相談
おすすめプラン
働く女性の保険の選び方
独身の方
専業主婦の保険選び
万が一の時に家族を守る保険
これからの老後に備える保険

専業主婦の保険ってどんなのを選べばいいの?

主婦のための保険のアドバイザー

ここでは、家庭を守る専業主婦の方の
保険選びについて考えます。

専業主婦や子育て中の方、パートをしている方。主婦の方の中にも色々ですが、少しでも支出を抑えたいというのは共通するところではないでしょうか。支出を見直すにあたって、保険料の削減もぜひ検討したいところです。しかし、ただ単純に保険料を削ればいいかというと、そうでもありません。

たとえば、子育てをしている期間に、ご自分が入院や手術ということになると、入院費や手術代もさることながら、子供の保育料やシッター代、ご家族の食費など、思いがけないところで出費がかさむことがあるためです。そういったリスクやコストも考慮して、医療保険やがん保険について考えることが大切です。

入院したとき 介護が必要となったとき 万が一のときの葬儀費用



入院したとき&介護が必要となった時

家族を支えている奥様がケガや病気などで入院すると、その家庭の生活バランスは崩れてしまいます。幼い子供がいる場合は、夫は子供をどこかに預けて働かなければならいし、近くに見てくれる親戚がいなければ、ベビーシッターや保育料などの支出が発生するでしょう。

また、医療費や食費、雑費などの負担が増えたりと今までとはちがう新たな支出が出る事が予想されます。


万が一の時の葬儀費用準備

専業主婦の方の場合は、収入はありませんので、万が一のことがあったときに、遺族がその後の生活で困ることのないようにまとまったお金を遺す必要があります。もちろん、旦那様がバリバリ稼いでいる方でしたら、自分の葬儀費用準備程度の死亡保障があれば良いといえます。

ただし、子供がまだ小さく、母親に万が一のことがあったときに、ベビーシッターや保育所、家事代行などを頼む必要がある場合は、依頼に必要な費用の保障も検討しておくのが良いのではないでしょうか。


子宮筋腫や子宮内膜症など、女性特有の病気にも注意

子宮筋腫や子宮内膜症、乳がん、子宮頸がん、子宮体がんなど女性特有の病気は、決して少なくありません。 早期発見で完治するものも多いですが、もし自分が病気になってしまった時に入院費、手術費が保障されていればお金のことは気にせず、安心して治療に専念することができます。

保険商品ごとに保障の範囲が異なりますので、自分に必要な保障は何かを十分に検討したうえで女性保険を選びましょう。
なお、当サイトの相談員はほとんどが女性プランナーですので、相談の際も気兼ねなくお悩みをご相談ください。


掛け捨て、積立どっちがいい?

月々の保険料が高くなってしまう原因の一つに、保険を積立にするということがあります。たしかに予定利率が高い保険を満期まで払い込めば満期金がもらえますが、月額の保険料が家計を圧迫するようでは本末転倒です。

無理のない範囲での運用ならおすすめできますが、加入時にはいくらお得に見えるようでも、途中でお金が必要になって解約をしてしまったりすれば最悪元本割れということも起こりえます。

そういった状況にならないように、まずは掛け捨てでの保険加入をシミュレーションなどで検討し、その上で家計に余裕資金が見受けられるようであれば、積立も考えてみるという検討の仕方をすると良いかも知れません。



Copyright © Robust Design All rights reserved.